防水デジカメ特集!〜デジカメをアウトドアへ連れて行こう!Top > 

スポンサードリンク

防水デジカメ:オリンパス ミュー μ795 SW

795SW.jpg

μ795 SWは今年の9月下旬発売、770 SWの上位機種。
水中3mだった790 SWの直後に発売され、疑惑を呼んだ。
水中10m防水&1.5mの耐衝撃&耐温度-10℃は継承。
有効画素は790 SWと同じの710万画素で、価格はオープン価格で店頭価格が4万円台前半。

ハウジングをつけると、相当でかくなるが、そのままで10m防水ってのは、
相当魅力だ。勿論、水だけでなく、泥、砂、ホコリに対する防塵設計も併せ持つ。

カラーは、ダークシルバー・ピアノブラックの2種類。
シンプルなカラーのみなのは、790 SWとの差別化を計るためか?
なかなかかっこいいです。

記録はxDピクチャーカードと、内蔵メモリ 14.7MB。
電源は専用電池の「LI-42B」。撮影可能枚数は約200枚。

本体サイズが、91.8×59.2×20.6 mm(幅×高さ×奥行き)と、
790 SWと比べるとほんのり小さくなっている。
重量は155 g(本体のみ)光学ズームが3倍。
デジタルズームは5倍。液晶サイズは2.5インチ。

レビュー:790SWと同時に795SWの発売をしなかったのはなぜ?
790SWを買われた方は、今回の795SWの発表をどう思ったか...
3mより10mの方が良いに決まってる。イマイチ釈然としないね。

関連エントリー

防水デジカメ特集!〜デジカメをアウトドアへ連れて行こう!Top > 

スポンサードリンク